PR

カナダのソーセージについて。メープルシロップ入り!?日本のあらびきソーセージ的なものは手に入るのか?

定番の朝ごはん。ソーセージ付き。
定番の朝ごはん。ソーセージ付き。
記事内に広告が含まれています。

☆2023年5月~8月カナダのオンタリオ州トロント市&ロンドン市滞在時の話です。
☆末尾に英語レッスンをつけてますので最後まで見てくださいね~!

今回はカナダのソーセージについてだよ

カナダ滞在中は自炊していました。その時にはソーセージにも大変お世話になりました。共同キッチンで調理をするには生のお肉よりも使いやすく、そのまま食べるだけでなく、ソースにしたり、スープに入れたり便利だったのです。(何よりお肉より安いですし!)

主にカナダで感じた、日本のソーセージとの違いについて書きます。

生ソーセージ

カナダのソーセージは日本のものと形状が違って、細長かったり、太く短かったり。色も茶色っぽかったり、白かったりと見た目から違いました。

日本でも人気のJohnsonvilleのソーセージは、どのスーパーマーケットにもあって、こちらでも人気の商品のようでした。

「これは日本で見たことないぞ」と思ったのは、生のソーセージ。
こんなの☟

カナダで売っていた生ソーセージ
カナダで売っていた生ソーセージ

こんな風にフライパンで焼きます☟
何せ初めて焼くので、加減がよくわからないまま焼き始めましたが、中身に火が通ると皮が膨らんで張ってきますので、それが頃合いの目印になりました。色も焼けた感じの濃い茶色に変わります。太いので(このソーセージで太さ約4センチ、長さ約18センチ)焼きあがりまで結構時間はかかりますが、しっかり中まで火を通さなくてはなりません。

通常市販されているソーセージは加工時に加熱をしてあります。なので食べる時に再度加熱すると、酸化した油が増えて味が落ちてしまうようなのですが、生ソーセージは一度も加熱されていませんので、酸化が少なくその分おいしく食べられるそうです。 

この時は大勢でシェアして使うキッチンだったので、キッチンが空いてる時にまとめて加熱して冷蔵庫で保管し、いろいろな用途に使い回していました。

理想的には食べる直前に加熱することで、よりおいしく食べられると思います。

生ソーセージをフライパンで焼いているところ
生ソーセージをフライパンで焼いているところ

ソーセージの食べ方

ポトフ、パスタ、ピザ、スープ、ホットドッグ、サンドイッチなどに活用してました! 冷凍のパイ皮を買って来て包めばソーセージパイも簡単に作れそうです♪

ソーセージを具にしたミートソース
ミートソースの具に
ソーセージをパンにはさんで
パンにはさんで
ソーセージ入りスープ
スープの具にもぴったり

生ソーセージはBBQでも人気です。BBQの機会がある人はぜひ!

メープルシロップ入りソーセージ

カナダではソーセージにメープルシロップをかけて食べます。初めてカナダに住んだとき、近所のレストランでパンケーキを頼むと、パンケーキの横にスクランブルドエッグとソーセージが乗って来て、さらにメープルシロップがたっぷりかけてあり驚いたものですが、それはカナダでは普通のことでした。

今回ご紹介するのは、メープルシロップがかかったソーセージではなく、作る過程でメープルシロップを入れた、「メープルシロップ入りソーセージ」です。

カナダだけでなく、アメリカでもポピュラーなソーセージで、Maple Breakfast Pork Sausagesといった名称でスーパーマーケットで普通に売られていますが、日本では見かけないですよね。

ネットにはメープルシロップ入りソーセージを手作りするためのレシピも載っていました。

🍁メープルソーセージのレシピ例🍁
Mix pork, maple syrup, sage, salt, fennel seed, red pepper flakes, garlic powder, onion powder, and anise seed in a large bowl until evenly blended. Shape the pork mixture into small patties.
豚肉、メープルシロップ、セージ、塩、フェンネルシード、レッドペッパーフレーク、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、アニスシードを大きなボウルで均一になるまで混ぜる。ポークミックスを小さなパテにする。

慣れるとおいしいメープルシロップ+ベーコン/ソーセージ。北米の味の一つです。

北米を代表するソーセージ

北米を代表する人気のソーセージと言えばJohnsonville「ジョンソンヴィル」。日本のスーパーマーケットでも見かけますよね。カナダでも定番のソーセージです。

Johnsonvilleの生ソーセージ
Johnsonvilleの生ソーセージ

Johnsonvilleは1945年にアメリカで誕生し、全米シェアNO.1を誇る人気商品です。冷凍肉を使わずに生の新鮮な豚ひき肉や秘伝のスパイスを使用し、お肉の旨みを最大限引き出したソーセージを提供し続けているのだそうです。

Johnsonvilleの公式サイト(日本語)には、「おいしい食べ方」として、「焼く・ボイル・電子レンジ」の3通りの調理方法が載っていますので、調理の参考にされてみてください☟

おいしい食べ方|ジョンソンヴィル
ジョンソンヴィルの食べごろは、中の旨味と脂が溶けてぷっくりと膨らんで、はじける寸前。あつあつジューシーなお肉をぞんぶんに味わうための、3つの食べ方をご提案。

カナダには、上の写真のようにこのJohnsonvilleの「生ソーセージ」もありましたよ。

日本の「シャウエッセン」のようなソーセージは手に入る?

日本には日本ハムの「シャウエッセン」をはじめとしたあらびきソーセージが普及していますよね。ソーセージといえば、あらびきソーセージをイメージする人も多いのではないかと思います。

あのようなソーセージはカナダで手に入るのでしょうか?

わたしが行ったときはなかったのでいつでも確実にあるとは言えませんが、日系の食料品店では日本で売っているのと同じようなあらびきソーセージが手に入ることがあるようです。でもあってもかなり高額だとは思います。

過去には一般のスーパーマーケット(日本食食材店ではないという意味)でarabikiと書かれた、あらびきソーセージが売られていたこともあるようですが、今回の滞在では見つけられませんでした。

スーパーマーケットで売られているものでは、Harvestという会社のFarmer’s sausageは日本のあらびきソーセージに近いかな、と思いますが、塩気が日本のものより強いと思います。

一般にカナダのスーパーマーケットで売られているソーセージは日本のものより塩気が強いので、最初に軽くゆでて塩抜きしてから炒める等調理すると良いと思います。

ここで少し日本ハムの「シャウエッセン」について書いておきます。
日本で最初に販売された「あらびきソーセージ」である「シャウエッセン」。欧州のソーセージを研究し尽くし、「本格的でありつつも、ごはんに合う味付け」となるよう開発されたのだそうです。わたしたちの舌に合うはずだし、意外に海外では見かけないのはそういう理由なのですね。

English Lesson

ソーセージに関する英語です

「ソーセージ」sausage →味付けした肉を腸詰にしたものの総称 
「ソーセージを包んでいる膜」casing

●下記はソーセージの一種ですが、それぞれ特徴があります
「ウインナ」wiener sausage →①ウインナはオーストリアのウィーン発祥、②羊の腸を使う、③太さが20mm未満
「フランクフルト」frankfurter →①フランクフルトはドイツ発祥、②豚の腸を使う、③太さが20mm以上36mm未満