PR

シャーロック・ホームズとコナン・ドイルを追う旅ー英語教材作成のための取材旅②

ホテルの外観
チューダー様式のホテル
記事内に広告が含まれています。

2023年2月7日~21日

今日はイングランド到着二日目の話だよ!
Lichfieldからどこへ向かったのかな?

ホテル周辺を散策

せっかくのスイート・ルーム!チェックアウトぎりぎりまでゆっくりしてから、荷物をホテルで預かってもらって街を少し散策しました。

近くに中世の英国国教会の大聖堂であるLichfield Cathedralがあったので、入ってみました。重厚なゴシック様式の大きな大聖堂で、中には古い壁画や書物が残されていました。

内戦の際に大きな被害を受け、ステンド・グラスも全て破壊されたそうですが、現在のチャペルには素晴らしいステンド・グラスがあります。これはベルギーのヘルケンローデ修道院から1801年に持ち込まれた中世フランドル派のグラスなのだそうです。

Catherdal外観
Catherdal外観
Catherdal内部
チャペルのステンド・グラス
Cathedralの天井
高くて美しい天井

併設されいてるcafeはdonatinn based☕️飛行機でもらったスナックの残りでお腹いっぱいになっていなければ寄ってみたいところでした。

Cathedralのカフェ
カフェのボード

教会の中をゆっくり見て回っていると、通路のベンチに腰を下ろしていた、修道服を着た年配の女性に「どこから来たの?」と話しかけられました。日本から来たこと、観たいお芝居があってこの町へ来たこと、この教会の美しさに感銘を受けていることなどを話しました。穏やかな笑顔で、うなずきながら話を聞いてくれて、「いいことね」と仰っていただきました。力のこもった、まっすぐな瞳をした方でした。

Lichfieldを離れ向かう先は

ホテルへもどり、荷物を受け取って再びLichfield City駅へ。

電車のチケット
これが電車のチケットです
鉄道路線図
鉄道路線図
Lichfield City駅の行先表示板
Lichfield City駅からLondon方面へ行くにはLighfield Trent Valleyで乗り換えが必要

ロンドン・ノースウェスタン・レイルウェイ(London Northwestern Railway)にて、[リッチフィールド・シティ→ストラトフォード・アポン・エイボン]まで 14.1ポンド(1ポンド=162.85円)2,296円、所要時間約2時間。

前日の移動ルート
昨日のルート
今日の移動ルート
今日のルート

Lichfield CityからLichfield Trent Valleyまでの電車はたくさん走っているのですけど、そこから先へ行くには乗換が必要です🚊🚉

valleyよりもcityの方が町の規模は大きいでしょうが、地理的にはcityの方が(Londonから遠いからか)少々不便なのがちょっと不思議な感じ。

ちなみに、昨日は日本で購入しておいたブリットレイル・パス(Britrail Pass)(以前は紙のチケットを郵送で受け取るしかなかったようですが、現在はオンラインで購入できるようになっていたので、すぐに入手できて良かったです~♪ただ実際改札ではモバイルパスのQRコードは全く反応しなかったので使い物になりませんでしたが!毎回駅員さんにコードを見せて、通してもらっていました)3日券のうち1日分を使用して[ロンドン・ガトウィック空港→リッチフィールド・シティ]間を移動しました。

本日は長旅の疲れを癒しつつ、ゆっくり2時間程度移動するのみで楽勝!と思っていたのですが、この旅程、同じナショナル・レイル(National Rail)内で「駅」を移動する必要があることに気付きました。

SIMが不調でマップ機能が使えないため、ちょっと大変かも、と覚悟。

乗り換えのバーミンガム・ニュー・ストリート(Birmingham New Street)は巨大な駅で、出口すらわからない程でしたが、道行く人に教えてもらいながら次に向かうバーミンガム・ムーア・ストリート(Birmingham Moor Street)駅方向の出口を見つけ、乗り換え駅を目指しました。

あちこちに案内が出てたのでGoogld mapなしでも何とか辿り着けましたが、途中案内板の地図が上下が逆さまのものもあり、そんなときは方向が掴みにくくて苦労しました。そして駅まであと一歩!のところまで来たところで、その先がわからない…という事態に。大きな建物の中へ入るのか?入らずに横の道を進むのか?しばらくウロウロしたのち、横の道をしばらく進んだところで、行く手に駅らしきものを発見!
まっすぐ向かえば10分くらいの距離でした。

街中の案内板
このような案内板が適度に配置されているので、これをたどって行けば近くまでは順調に行けます
乗換駅
やっと見つけた!乗換駅

ここからはのんびりした風景が続いた先に、目的地ストラトフォード・アポン・エイボンがあります。

ストラトフォード・アポン・エイボンへ向かう列車から見えた風景
ストラトフォード・アポン・エイボンへ向かう車窓からの風景

16日間の移動区間

2/7日本ロンドン✈(ドバイ経由)
2/8ロンドンリッチフィールド🚊 リッチフィールド泊
2/9リッチフィールドストラトフォード・アポン・
エイボン
🚊 ストラトフォード・アポン・エイボン泊
2/10ストラトフォード・アポン・   エイボンストラトフォード・アポン・エイボン泊
2/11ストラトフォード・アポン・エイボンケンブリッジ🚊 ケンブリッジ泊
2/12ケンブリッジロンドン🚊 ベイカー・ストリート泊
2/13ロンドンホルボーン泊
2/14ロンドンホルボーン泊
2/15ロンドンホルボーン泊
2/16ロンドンセント・パンクラス泊
2/17ロンドンセント・パンクラス泊
2/18ロンドンセント・パンクラス泊
2/19ロンドンセント・パンクラス泊
2/20ロンドン?泊
2/21ロンドンドバイ
2/21ドバイ日本

あの偉大な劇作家の故郷へ

そう、行程表にある通り、次に向かったのはストラトフォード・アポン・エイボン(Stratford-upon-Avon)です。この地名を聞いてピンと来た方もいらっしゃることでしょう。

かの文豪ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)生誕の地であり没地ですね。イングランド中部ウォーリックシャー州(Warwickshire)に位置し、ロンドンからは電車で約2時間半の距離にあります。

ストラトフォード・アポン・エイボンとは、「エイボン川のほとりのストラトフォード」という意味で、その名の通り、町の中(真ん中ではなくて、ちょっと東寄りですが)をゆったりと流れるエイボン川がのんびりとした雰囲気を醸しだしている牧歌的な町です。

川沿いにはシェイクスピア作品の上演で有名なロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの本拠地であるロイヤル・シェイクスピア・シアターや、シェイクスピアが埋葬されているホーリー・トリニティ教会もあるので、散策にぴったり。

とはいえ、ここには2泊する予定なので散策は翌日のお楽しみにして、今日はホテルへ直行し、ゆっくりすることに。

ストラトフォード・アポン・エイボンのホテル

ここでの宿泊先はメルキュール・ストラトフォード・アポン・エイボン・シェイクスピア(Mercure Stratford upon Avon Shakespeare Hotel)という、シェイクスピアの名を冠したホテルを選んでみました。このホテルは18世紀から「シェイクスピア」を名乗っており、彼の名をつけた最初のホテルなのだそうです ☜今回この記事を書くために調べところ、現在は臨時休業中でした。とても良いホテルだったのでまた営業再開してくれるといいなあ…。

如何にも年代物のガラス(厚みが一定ではなく、吹きガラスのように少しゆがんでいる)と、ガラスを通して見える煉瓦の煙突が何とも良い感じ。広い室内に置かれた重厚な家具も素敵で、シェイクスピア劇の絵がたくさん飾ってあるところも気に入りました。

各部屋にはシェイクスピア作品にゆかりのある名前がついているようです。

メルキュール・ストラトフォード・アポン・エイボン・シェイクスピアの部屋の窓
雰囲気抜群なホテルの部屋の窓
ホテル室内
旅館で言う前室のようなスペース。ここにもシェイクスピア劇の絵。
ホテル室内
重厚な家具と絵画が配された客室

ホテルはチューダー朝の建物が並ぶ一角にあって、ホテル周りはまるで中世の世界のよう!ホテルの一部も14世紀の建造物なのだそうです。

ロビーのある建物がまさにそれで、低くて太い梁、きしむ板張りの床、シェイクスピアの胸像とたくさんの絵(どの絵にもシェイクスピア劇の一場面が描かれています)がかけられた白い壁が、歴史を伝えてきます。

夕方になると大きな石造りの暖炉に火が入って更に素敵な雰囲気に。大きなアームチェアに腰を下ろして、パチパチと薪のはぜる音を聞きながら、通りを行く人々を眺めているとずっとここにこうして居たいぐらい…。

ホテルのロビーにある暖炉
ホテルのロビーにある暖炉の火
ホテルの外観
チューダー様式のホテル
ホテル外観
夕暮れ時のホテル外観
ホテル内部
ホテルのロビーにはこのようなテーブルと椅子があちこちに配してあります

買い出し報告

ですが実際は現代ですので、ちゃんと近所にMARKS & SPENCERがありました。やはりお腹もすいて来ますので買い出しに出かけることに。ここのdeli foodsは何を食べても外れなくおいしいんですよ~♪

この町では現金が使えるところ(とあるスーパーマーケットの自動支払機など)もありましたが、ロンドン市内へ行くと現金が使えるお店はほとんどなくなりました!
これからロンドンへ行く人は要注意です!

MARKS &SPENCER
何でもおいしいMARKS &SPENCER
菊の花
菊の花もオシャレに感じます

旅の食事は大抵スーパーマーケットでパンやdeli foodsを買って済ませます。今回はここに連泊するので、ある程度食材を買っても食べ切れるのが嬉しいところ。欧米では一つのポーションが大きいので、1泊の場合、ミニマムな量を買っても食べきれないことが多いので、買えるものの選択肢が少なくなってしまいがちなのです。

本日の買い物はこちら。これで£12.60(£1=159.49円)、約2,000円。
明日のランチをのぞいた、二日分の食料です。明日のランチだけはパブかカフェに行ってみようと思っています。

MARKS&SPENCERで購入した食料
どれも美味しかったMARKS&SPENCERで購入した食料

今夜はホームズも食べていたと思われる(※自作して捜査に持って出掛ける描写が原作中にあるから。ポケットにそのまま直に突っ込んだ、と書いてあります。なかなか興味深いホームズの行動です)ロースト・ビーフ・サンドイッチが晩御飯です。デザートはグーズベリーとエルダーフラワー(Gooseberry&Elderflower)のヨーグルト。こんな組み合わせ日本では見かけませんよね。こういう異国感がたまらなく嬉しい!

🥔英国と米国で違う!ポテトチップスの呼び方🥔
「ポテトチップス」というと米国では日本と同じものが出てきますが、英国では日本で言うところの「フライドポテト」が出てきます。

英国で「ポテトチップス」は「クリスプス」crispsになりま~す🥔

シェイクスピアとホームズ

ホームズとコナン・ドイルを追う旅でなぜシェイクスピア?と思われるかもしれませんが、近世以降の西洋文学でシェイクスピアの影響を受けていない文学はないと言われるぐらいですから、ホームズ作品も例外ではありません。実際ホームズ作品の中にはシェイクスピア作品からの引用だと思われるセリフや設定が数多くあります。

中でも最も有名なのは“The game is afoot!”ではないでしょうか。このフレーズは1597年に出版されたシェイクスピアの戯曲「ヘンリー四世」第一部で “Before the game is afoot, thou still let’st slip. “というセリフで使われて以来、同じシェイクスピアの「ヘンリー五世」他、多くの作品で使われてきました。コナン・ドイルしかり。作中でホームズに自身の興奮ぶりをこのフレーズで語らせています。

“Come, Watson, come. The game is afoot. Not a word! Into your clothes and come!” (The Adventure of the Abbey Grange)

ホテルの廊下に飾られているシェイクスピアの絵
ホテルの廊下に飾られているシェイクスピアの絵
ホテルの部屋のドア
ホテルの部屋のドア