PR

実用的で役に立つ!カナダのじゃがいもの種類と料理に合った選び方&おススメの食べ方

記事内に広告が含まれています。

☆2023年5月~8月カナダのオンタリオ州トロント市&ロンドン市滞在時の話です。
☆末尾に英語レッスンをつけてますので最後まで見てくださいね~!

カナダのじゃがいもの種類と特徴

日本ではメークインや男爵といった品種をよく見かけますが、日本で一般的なこれらの品種はカナダでは見かけませんでした。じゃがいもは、用途に向き不向きがあるので、向いてる調理法を含めた「カナダのじゃがいもの種類と特徴」をまとめてみました。あなたの作りたい料理に合ったものを選んでくださいね!

🍁カナダ(オンタリオ州)で見かけたじゃがいもの種類🍁

ラセット(russet)日本の男爵に似たタイプ
別名baking potato(ベーキングに向いているため)
特徴:大きくて縦長。皮がざらざらしていて厚め。皮の色は褐色。身はやわらかくてほくほくしている。
用途:煮崩れしやすいので形を残したい煮込み料理には向かない焼いたり揚げたりする調理法に向いているのでベイクドポテト、フレンチフライ向き。男爵に向いている料理なら向いているので、コロッケにも良い。

イエロー(yellow)日本のメークインに似たタイプ
特徴:でこぼこや芽が少なく、つるっとしている。ツヤのある薄い皮。サイズは中くらいで丸い。身はクリーミー。
用途:ほぼ万能煮崩れしにくいので肉じゃが(薄切り肉が手に入りにくいという問題はのぞき)、カレー、シチュー、ポトフなどじゃがいもの形を残したい煮物に向いている。

ホワイト(white)
特徴:色が皮も中身もイエローポテトより白っぽいこと以外はイエローポテトと似ている。イエローより少し固め。
用途:ほぼ万能

レッド(red)
特徴:皮が赤い。つるっとしている。サイズは中くらいで丸い。煮崩れしにくい。赤い皮をつけたまま調理して、色を活かすことが多い。
用途:ほぼ万能

残念ながら見かけることはありませんでしたが、Blue or purple potatoesという、本当に青みがかった紫色のじゃがいももあるそうで、こちらもホワイトやイエロー同様用途はほぼ万能だそうです。redと一緒にサラダに使ったら、すごくきれいなサラダができそうですね!

もっと細かい品種の別もあるようで、特にラセットにはさらにたくさんの種類があるようですが、わたしが行った複数のスーパーマーケットではそこまで細かくは書いておらず、上記の区別がしてある程度でした。

ファーマーズ・マーケットに行くともっと細かい品種別に売られていることがあるそうなので、機会があれば見に行ってみたいと思います。

このほか、フォイルに包んであるじゃがいももありましたよ。すでに洗ってあるので、そのままオーブンに入れて焼けばベイクドポテトの出来上がり♪というわけです。じゃがいもの種類はbaking potatoes=ラセットです。

じゃがいもは性質によって3つのカテゴリーに分けて表記されていることがあります。下記はカナダのある雑誌に掲載されていた分け方と適した料理です。

・Waxy potatoes(ワックス質のじゃがいも):
品種:fingerling potatoes、 new (or nugget) potatoesなど。
用途:形が崩れにくく、ポテトサラダ向き。
特徴:やや皮が薄く、皮をむかなくても食べられる。
でんぷん質のポテトよりカロリー、炭水化物、繊維質が少なく、ビタミンKとナイアシンがやや多い。

・Starchy potatoes(でんぷん質のじゃがいも):
品種:代表格がrusset(ラセット)。
用途:ベイクドポテト、マッシュドポテト、フレンチフライなどに向く。
特徴:でんぷん質が多いため、空気を多く含むふわふわなマッシュポテトや、バターやサワークリームをたっぷり吸収したクリーミーなベイクドポテトができる。

・All-purpose potatoes(多目的なじゃがいも):
用途:ロースト、シチュー、グラタン、パンケーキ、その他一般的なレシピに最適

じゃがいもの選び方と保存方法(カナダの雑誌情報)

ここで、カナダの雑誌に載っていたじゃがいもの選び方と保存方法も書いておきますね。

🥔選び方🥔
【重要】作りたい料理に適したじゃがいもを選ぶ

・新鮮なものを選ぶこと ⇒ 新鮮なものはビタミンCが豊富で皮がむきやすい
・「しっかりした感触のもの」を選ぶこと 

×柔らかいもの、芽が出ているもの、カビが生えているものはダメ🙅
×緑色の斑点があるものはダメ🙅 ⇒ 緑色の斑点には毒がある


🧺保存方法🧺
・涼しく乾燥した場所で保存する ⇒ カビが生えないように
・日光のあたらない暗い場所で保存する ⇒ 発芽や緑色になるのを防ぐため

【Naokoからの補足】
・冷蔵庫は低温すぎるので×。低温過ぎると早く傷んだり、有害物質ができたりするらしい
・ビニール袋だと早く傷むので、わたしは茶色の紙袋に穴を開けてその中に保存しています
・りんごと一緒に袋に入れると、りんごから発生するエチレンガスで発芽が抑えられます

カナダのじゃがいもにぴったりの、おすすめの簡単料理

日本のじゃがいもで「マッシュドポテト」を作ろうとすると、つぶすのが大変ではないですか?
こちらのじゃがいもは、電子レンジにかけるだけで、上記の4種どれを使っても簡単にフォーク1本ですっとつぶせることに感動しました!やはりその土地の料理は、その土地の作物と相性が良いのでしょうね。カナダのじゃがいもでぜひ作ってみてください。

フォーク一本で軽くつぶせるじゃがいも(ホワイト)の写真↓

部屋にオーブンはありませんでしたので、「ベイクドポテト」は作れませんでしたが、電子レンジがあったので、こちらで”microwave baked potato”をよく作りました。
※microwaveとは電子レンジのこと

電子レンジのメニューにはちゃんと”Potato”があるんですよ。
他のメニュー””Pizza” “Popcorn” “Dinner Plate”等日本のものとは違っていてカナダらしいですね。
(Panasonic等日本のメーカーの電子レンジであっても、カナダで売られている電子レンジであれば同じようにカナダらしいメニューがついています)

”microwave baked potato”は簡単に出来ます。
洗って、ラップに包んで、電子レンジ”Potato”モードにかけるだけ!

バターとチーズがとろけます!

わたしはバターと溶けるチーズをのせて食べるのが定番でしたが、塩こしょうだけでも十分美味しいです。お好みでカイエンペッパー、パプリカなどのスパイスやローズマリー、パセリなどのハーブをかけたり、サワークリームやマヨネーズをのせてもおいしいでしょうね!

ちなみにclassic baked potato toppingsは下記です。

・Butter
・Cheese
・Sour cream
・Bacon
※細かく切ったもの

最後に

カナダへ行ったらぜひ、おいしいじゃがいもをご賞味くださいね!
もちろん街中のお店で食べることができますが、
キッチン付きの宿を借りればいろいろ自分好みの調理ができてより楽しいですよ♪

「煮込みにするときはラセットポテトは避ける」ということだけ覚えておけば、ほかのじゃがいもは大抵の用途に使えます。
ただ、できあがりの食感は違うので好みで使い分けてくださいね。

🥔マッシュドポテト
・ほくほくが好み→男爵いもタイプのラセット(russet)
・しっとりクリーミーが好み→メークインタイプのイエロー(yellow),またはホワイト(white), レッド(red)

🥔フレンチフライ
・ほくほくが好み→男爵いもタイプのラセット(russet)
・さくさくカリッが好み→メークインタイプのイエロー(yellow),またはホワイト(white), レッド(red)

ホワイト(white)
イエロー(yellow)

上記はいずれも電子レンジのメニュー”Potato”にかけた後の状態です。

【2023夏】マクドナルドin Canadaのおススメ menu itemshttps://www.instagram.com/reel/CzLky9bSYxB/?utm_source=ig_web_copy_link&igshid=MzRlODBiNWFlZA==

English Lesson

・じゃがいも potato
・さつまいも sweet potato
・ヤム(ヤムイモ) yam
※さつまいもとヤムは正確には違う種類のいもですが、カナダやアメリカではsweet potatoとyamを混同して売られていることがあります。ヤムは中がオレンジ色をしていて、カボチャに近い味がします。さつまいものようなほくほく感はありません。

・しっとりした【形容詞】moist
・ほくほくした【形容詞】fluffy, dry
※「ほくほくした」を英語で表現するのは難しいのですが、fluffy「ふわっとした」、dry「水分がない」という表現が近いかと思います。soft and fluffy、dry and fluffyのように二つの形容詞を使うのも良いでしょう。

・万能の・多目的の【形容詞】all-purpose

例文:I’ll buy all-purpose potatoes 5lb from Walmart.com.
「Walmart.comで多目的なじゃがいもを5ポンド買う」

※日本では「多目的なじゃがいも」とか「万能じゃがいも」という言い方はしませんが、英語では多種の調理法に向いているじゃがいもを”all-purpose potatoes”と呼びますので、覚えておくとじゃがいもを買う際に便利ですよ。上記で言えばイエロー、ホワイト、レッドなどがこれにあたります。

・電子レンジ 【名詞】microwave oven/microwave
・電子レンジで調理する【動詞】microwave
・電子レンジ対応の【形容詞】microwavable

・フライドポテト【名詞】(米国・カナダ英語)french fries/(英国英語) chips
※fried potato自体は正しい英語で「揚げたいも」という意味になりますが、日本で「フライドポテト」と呼ぶ料理のことはfrench friesまたはchipsといいます。

・マッシュポテト【名詞】mashed potatoes
※日本語では「マッシュ(ポテト)」といいますが、mashは「すりつぶす」という意味です。じゃがいもは「すりつぶされた」という受け状態ですから、正しくはmashedということになります。