PR

見たことないような道具もいっぱい!カナダで売られていたキッチン道具の中から気になったものをご紹介!全部持って帰りたかった

目玉焼き専用フライパン
fry panと書いてある、目玉焼き専用フライパン
記事内に広告が含まれています。

☆2023年5月~8月カナダのオンタリオ州トロント市&ロンドン市滞在時の話です。
☆末尾に英語レッスンをつけてますので最後まで見てくださいね~!

カナダで売られていたキッチン道具には、見慣れないものもいっぱいあって面白かったから紹介するよ!

キッチン道具って見てるだけで楽しいですよね。カナダにもいろいろたくさん売られていました。日本ではあまり見かけないようなものも多かったので(わたしが知らないだけだったらごめんなさい)、特に印象に残ったものをクイズ形式でご紹介しますね。

荷物の許容量が許すなら、いろいろ持って帰りたかった~!

キッチン用品

1,まず、最初のこちらは何でしょう?

卵一つ用目玉焼き専用フライパン

はい、フライパンです。

でも後ろのシリアルの箱と比較してみていただくとわかるようにサイズが小さいですよね。
こちらはone/single egg frying pan「卵一個の目玉焼き用フライパン」です。

わざわざこの小さなフライパンを持っていなくても、大きなフライパンでも卵一個の目玉焼きは焼けるんじゃない?と思いましたが、「小さいもの好き」なので、この小ささが気に入っちゃいました。

小さなパンケーキやお好み焼きを焼いたり、ちょこっとだけ必要なお弁当のおかずを作るのにも良さそうですね。これなら大きなフライパンを出したり洗ったりしなくて良いので、お弁当作りのハードルが下がりそうです。

目玉焼き専用フライパン
fry panと書いてある、目玉焼き専用フライパン

日本でも小さいフライパンはあるのかな?と探してみたところ、14センチのものが最小のようでした。


ミニ フライパン 14cm

2.お次はこちら。さて、こちらは何でしょう?

シリアルボウル

うしろにちらっとシリアルの箱が見えていますね。
そう、子ども用のシリアルボウル(小鉢)です。プラスチック製なので、落としたぐらいでは(多分)割れません。

上部にストローがついているのが見えますか?
ミルクに浸したシリアルをスプーンで食べるほか、ミルクだけをストローで飲むこともできるというわけ。こういう発想が外国っぽい(北米っぽい)なあ~と感じます。

ストロー部分の掃除が難しいのでは?と思ったのですが、ちゃんと専用のブラシがついていましたので衛生面も安心ですね。

こちらもAmazonで探してみたところ、同じような商品が見つかりました!ちゃんとブラシもついているようです。


シリアルボウル ストロー付き クリーニングブラシ付き

3.お次はな~んだ?

スプーン置場付き鍋敷き

シリコン製の四角いものが見えますね。一部が折りたたんであるように見えます。

こちらは、「スプーン置きつきの鍋敷き」です。
折りたたんだ部分を伸ばすと、スプーンを乗せるお皿のような部分=「スプーン置き」が現れます。

鍋敷き部分に熱い鍋やフライパンを乗せ、スプーン置きの部分には、取り分け用のスプーンやトングを置いておけるという寸法。アイデア商品ですね~。

鍋敷きの使用イメージ
こんな風に使います

こちらは似たものを見つけることはできませんでした。アメリカのAmazonのサイトにはあったのですが、URLを貼り付けることができず。

4. これは?

こちらはゼスターといって、レモンやオレンジの皮を削る道具です。
わたしは日本では見かけたことがないのですが、日本にもあるのでしょうか。

以前レモンパイを作った時に、皮をうすく削り取る必要があり、苦労した記憶があります。これがあれば簡単に用意できそうです。お菓子作りをよくされる方はご存じの道具なのかもしれないですね。

全く同じ商品ではありませんが、外国製らしき商品がAmazonにありました。なるほど、カクテルを作られる方もお使いになるんですね。日本では「ゼスター」ほか、「グレーター」「ピーラー」という名称も使われていますね


レモングレーター/ゼスター

5.そしてこちらは?

チーズペーパー

チーズペーパーという紙で、チーズを新鮮で美味しく保つために開発された特殊シートなのだそうです。チーズに呼吸をさせながら保湿の調節ができるのだとか。

これがあれば、残ってしまったチーズも固くなったり、カビを生えさせたりしなくて済みそうですが、日本では見かけたことがありません。

Amazonで取り扱っていた時期もあったようですが、現在(2023年12月)は取り扱いしていませんでした。チーズ専門店には置いてあるかもしれませんね。

6.次は?

折り畳み水切りかご

折り畳み式の水切りかごです。シンクに引っかけて使えます。洗い物があるときだけ広げれば良いので、場所を取らなくていいですね。

水切りかごの英語表記

こちらもAmazonで探してみました。「折り畳み水切りラック」自体はいろいろあるのですが、こちらと同じようなタイプは見つけられませんでした。やっぱり発想が違うのかな?

7.そしてこれは?

オムレツ型

写真でわかっちゃいましたか。

そう、オムレツの型です。オムレツ型自体は日本にもあると思いますが、この型のように、プラスチック製で、両側から挟み込むタイプは北米っぽい気がします。

microwave(電子レンジのこと)と書いてありますね。卵液を型に流し込み、電子レンジにかければオムレツができるという道具でした。フライパン要らずです。

最初は型を開いた状態でレンジにかけ、少し卵が固まったところで上にチーズなどの具を乗せて、それからふたを閉めて再度microwaveにかけると具入りオムレツの出来上がり。写真のように具は上に乗せてもOK。

オムレツ型
オムレツ型の全容写真です。

Amazonで探してみたところ、日本製のオムレツメーカーはこちらとは形状が違いました。カナダで売られているのと似たような形状のものもありましたが、そちらにはレビューがなかったので、レビューのある日本製のオムレツメーカーのリンクを載せておきます。オムレツメーカーについては、ところ変わればモノの形も変わる例かと


オムレツ メーカー

8.お次はこちらです。

オイルスプレー

オイルスプレーです。中にオイルを入れてシュッとひと吹き。便利そうですよね。

オイルスプレーも、日本にありそうですが、この、まるで香水スプレーのような感じが外国っぽい気がしたので、今回の写真に入れてみました。

こちらはAmazonで似ている商品を見つけました。カナダやアメリカからのレビューが載っているので、同じではなくても似ているタイプなのではないかと思います


NIKKIER (ニッキーヤー) 料理用オイルスプレー

9.次の写真です。

食器プロテクター

食器を積み重ねるときに食器や調理道具の間にはさんで守るフェルト素材のプロテクターです。

プロテクターという概念は日本にもありそうですが、この色と形状に「海外」を感じた次第です。

こちらもAmazonで探してみたところ、同じような形状のものが販売されていました。レビューはアメリカからのものが多いので、やはり外国の発想かな、と


鍋用プロテクター

お鍋で人気の「ル・クルーゼ」からも同様の形状で、フェルト製のものが出ていました


ル・クルーゼ フェルト調理器具プロテクター

10.いよいよ最後の写真です。

サンドイッチバッグ

こちらはサンドイッチ専用のジッパー付きプラスチック・バッグです。

プラスチック・バッグ自体は、日本でも皆普通に使っていますよね。でもこれは「サンドイッチ専用」というところが北米らしいと思いませんか。

他のジッパー付きプラスチック・バッグと何が違うかというと、厚みが違うんですよ。こちらは薄手で、サイズも、その名の通りサンドイッチを入れるのにぴったりの大きさです。

もちろんサンドイッチ以外のものを入れてもOKなので、薄くてもいい用途の時はこちらを使うと普通のジッパー付きバッグより安く済みます。

サンドイッチ
こんな風にサンドイッチを入れます

Amazonで探したら、我らがZiplopの商品がありましたよ!


ジップロック サンドイッチバッグ

English Lesson

今回出てきたキッチン道具の英語名を書いておきますね。

1.フライパン ⇒ アメリカ・カナダ英語 skillet、イギリス英語 frying pan, pan
         ※イギリスでskilletは脚と持ち手のついた小鍋のこと
         ※日本語と同じfry panも全く使わないわけではなく、実際1番の商品名は fry panと書いてありました。でもよく使うのはfrying panなので、こちらで覚えておく方が良いと思います。

2.シリアルボウル ⇒ cereal bowl
            ※発音は/síəriəl/で、「シリアル」ではないので、注意!
「シ」の後に/ə/の音を入れることと、/ri/は日本語の「り」ではなく「r」の音にすることと、最後を「ル」ではなく/əl/にすること。

3.スプーン置場付き鍋敷き  ⇒ 鍋敷きはtrivet、発音は/trívɪt/、スプーン置場はspoon restなので、「スプーン置場付き鍋敷き」は二つの語をwithで繋げて、trivet with spoon rest

4.ゼスター ⇒ zester

5. チーズペーパー ⇒ cheese paper

6. 折り畳み水切りかご ⇒ 水切りかごはdish rack, dish drying rack, colanderなど幾つかの言い方があります。この商品にはcolanderが使ってありました。「折り畳み」はfoldingですが、この商品にはexpand「広げる」という動詞を使い、「広げられる水切りかご」expandable colanderとしてありました。「折り畳み」とは逆の発想なところが面白いですね。

7. オムレツ型 ⇒ オムレツはomelet、「オムレツを作るもの」という意味ではomelet makerまたはomelet cooker、omelet panですが、オムレツの「型」というニュアンスを伝えたい時は、「型「 moldという語を使い、omelet moldと言えばと良いでしょう。

8. オイルスプレー ⇒ oil spray 

9. 調理道具プロテクター ⇒ cookware protector

10. サンドイッチ・バッグ ⇒ sandwich bag